こくごな生活

国語や法律のソフトな考察を中心とした日常雑記録

「胃弱メシ」を読んで 少食な人間が食事で気をつけるべきことを考えた

こんにちは。 このブログを継続的に読んで下さる(奇特な)読者様ならお分りでしょうが、僕は正真正銘の胃弱です。 bigwestern.hatenablog.com これは子供のころからずっと変わりません。 学校時代に一番嫌いな時間は給食。 今でもラーメンは塩とあっさり醤…

100記事になるまでに2年半かかったけど ブログPVなどを振り返ってみた

こんにちは。 今回はブログ運営についての雑記を少々。 このブログは2018年の1月に開始したので、およそ2年半の間、ネットの世界にその内容を晒していることになります。 しかしその記事数は微々たるもの。 今回のこの記事でようやく105記事目にな…

枕詞の意味を知ろうとする知的好奇心を持てば一般教養も上がるのだ~藤村由加「枕詞の暗号」読後~

こんにちは。 国語を教えるとき 「特に意味はないけど試験に出るから・・まあ覚えておきなさい」 みたいな説明をするのは苦痛です。 僕が生徒だったら 「自分が理解していないのに勉強しろって、意味わかんね」 となるはず。 そうならないように自分自身、で…

検察庁法改正案に反対する前に いったんその内容を簡単に確認してみたいと思う

こんにちは。 最近、検察庁法の改正案について反対の声がネットで飛び交っています。 www.asahi.com 検察庁法の改正案によると、次長検事と検事長の任期を内閣が状況によって63歳から最大65歳に延長できるという規定が盛り込まれるようですね。 これに対…

10年勉強しても司法試験に受からなかった奴がその難しさを語る ~論文編②~

こんにちは。 司法試験に失敗した僕が、その難しさを愚痴る記事の3回目です。 ひとまずこのシリーズは最終回としたいと思います。 今回は、前回に引き続いて論文の難しさについてです。 前回では、何が問題なのかわからないので書くことに困る、または書い…

10年勉強しても司法試験に受からなかった奴がその難しさを語る ~論文編①~

こんにちは。 前回に引き続き司法試験の難しさについて語っていきます。bigwestern.hatenablog.com 前回は、知識習得の大変さについての記事でしたが、今回は論文試験についてです。 司法試験の論文では、試験会場で六法全書を参照できます。 つまり条文の知…

10年勉強しても司法試験に受からなかった奴がその難しさを語る ~知識習得編~

こんにちは。 このブログの読者様はご存知かもしれませんが、僕は司法試験受験生でした。 結果はというと、大学在学中から受験し始めて10年たっても不合格。 流石にこれ以上続けるのは無理と考え断念。そのまま今に至っています。 今回は、なぜ僕がそれほ…

プログラミングの「ど素人」が はてなブログの目次をカスタマイズしてみた

こんにちは。 今回は、プログラミングのことが全く分からない僕が、はてなブログの目次のカスタマイズに挑戦したお話です。 僕はプログラミング系の知識が全くないので、いつもブログは「見たままモード」を使ってワードと同じ感覚で記事を書いています。 記…

「テメエ」がなぜ見下し表現なのか?一人称が二人称になるときについて考える

こんにちは。 今回はこの言葉について考えてみたいと思います。 手前 考えようによってはふしぎな言葉です。 ・自分のこと相手のこと両方を表す ・自分のことを指すときは謙譲的なのに相手のことになると見下したようになる なぜこんな奇妙なことが起こるの…

読書感想文の「材料さがし」のやりかた ~何を書けばいいかさっぱりわからない人へ~

こんにちは。 読書感想文というのは、大変国語の勉強になる有意義なものです。 ・本のあらすじを掴む ・その内容を分析する ・自分の見聞を織り交ぜながら意見を述べる などなど、まさに国語学習の総合デパートといっていいほどの内容です。 その意味で読書…

ブログで金儲けする奴が嫌われるのは何故?嫌儲バイアスという視点で考える

こんにちは。 最近、ワニくんの絵本について炎上がおこりました。 その関連で、有名なメンタリストさんも動画で分析をしていましたね。 ワニくんを電通が炎上させた3つの理由 僕は事実の詳細は分かりませんが、広告代理店が絵本を利用した演出の是非が話題に…

切手の料金が足りないとき郵便物はどうなるかについてちょっと詳しく書いてみる

こんにちは。 郵便局員をしていたとき、切手を貼り忘れたり料金が足りない切手を貼っていたりする郵便物をよく見かけることがありました。いわゆる料金未納郵便物というやつです。 こういった切手などの料金が足りない郵便物の取り扱いはどうなるのでしょう…

「行間を読め」じゃ、分からねーよ ~国語を分かりやすく教えるってどういうこと?~

こんにちは。 今回は、分かりやすい国語(特に現代文)の授業ってどんなもの?というお話です。 国語のようにとりとめもない世界を分かりやすく説明しようとすると、方針がつかめずに迷いが生じることがあります。 そこで参考までに、国語の授業における分か…

「関る」という表記は正しいのか?作文採点者泣かせの「送り仮名」の判断について

こんにちは。 作文の添削は、いってみれば人様の文章にケチをつける仕事ですから、間違った指摘をしてはいけないという重責との戦いでもあります。 もし不適切な添削をすると、場合によっては半永久的に相手に対して誤った知識を植え付けることにもなりかね…

【郵便料金改正関連】郵便局員経験者が明かす切手の貼り方と消印の関係について

こんにちは。 2019年10月から郵便料金が改訂されましたね。 主な郵便料金を挙げておくと、以下のようになります。 【定型サイズの封書】 25グラム以内:84円 25グラム超~50グラムまで:94円 【はがき】 63円 全体的に1~2円の値上げですね。 利用者の中…

インフルエンサーを目指す人が気を付けたい デジタルタトゥーの怖さについて

こんにちは。 今回は法的考察としてデジタルタトゥーの話題について書きます。 結論からいうと、ネットで影響力を持つと、自分が思っているよりもずっと容易にネットトラブルの加害者になる危険があるぞ、というテーマです。 被害者ではなく加害者になる、と…

国語はすべての科目の礎って本当なのか?

こんにちは。 以前に国語を勉強する意味について記事を書いたことがあります。 bigwestern.hatenablog.com そのときに「国語はすべての教科の基本になる」から勉強する意味がある、といったことを述べたことがあります。 今でもこの考えは概ね変わりませんが…

「私『は』皿を割りました」と「私『が』皿を割りました」の区別をスッキリ理解する方法

[こんにちは。 前回、国語の文法は、暗記が多くてつまらないと感じる人が多いという話をしました。 bigwestern.hatenablog.com この記事では、文法学習を弁護すべく、言葉を適切なパーツに分けて理解するために文法が役に立つ、と自説を述べました。 とはい…

国語の文法を勉強する意味 ~文法をバカにしすぎると「にやける」の意味を勘違いする!?~

こんにちは。 今回は国語の文法についてのおはなしです。 五段活用とか何とか言って、活用表を呪文のように覚えさせられた経験があるのではないでしょうか。そう、「あの」文法です。 この文法という分野は、国語の中でも特に評判がよろしくない分野ですね。…

「これでよろしかったでしょうか?」は本当に誤りなの? バイト敬語を国語講師が検証する

こんにちは。 今回は、いわゆるバイト敬語について思ったことを書きます。 バイト敬語は、社会人として成熟していない言動の代表例として、直すように注意されることが多いですね。もちろん僕もいい歳なので、使わないように心掛けています。 しかしなぜバイ…

余計な音を嫌う僕が、読書用BGMにどんな効能があるか試してみた

こんにちは。 みなさんは本を読むとき、何か音楽を流すことありますか? 僕は、余計な音が入ると本の世界に入っていけなくなるような気がするので、基本的にそんな習慣はありません。 その昔、古畑任三郎のテーマソングをききながら数学の難問を解こうとして…

「ら抜き言葉」の区別が分からない?その正しさの検証を含め徹底解説しましょう!

こんにちは。 夏休みに入り、そろそろ高校受験の作文添削の仕事が多くなってきました。 僕は様々な都道府県で開催されている模擬試験の添削をしているのですが、今回担当した模擬試験は結構採点基準が厳しいです。 とくに印象的な採点項目が ら抜き言葉は必…

神経胃弱症の視点から選ぶ夏目漱石のお勧め作品5つ

こんにちは。 前にも触れたことがあると思いますが、僕は胃弱です。 bigwestern.hatenablog.com そんな僕は、同じく神経胃弱症の大文豪である夏目漱石の作品を愛読していました。 僕が夏目漱石のファンになったのは比較的遅く、大学生のとき。当時、夏目漱石…

僕らは「見破って」気づいてしまっても笑っていられるだろうか ~玉置浩二「ニセモノ」~

こんにちは。 今回は玉置浩二(敬称略、以下同じ)のマイナーな作品を紹介します。 ニセモノ アーティスト: 玉置 浩二 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc. 発売日: 2018/08/15 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る ニセモノ …

古文単語の覚え方~丸暗記しても役に立たない! 言葉の「根っこ」を掴むこと~

こんにちは。 今回は古典の話です。 国語を教えていると、古典が嫌いという人を多くみかけます。僕は高校時代から古典が嫌いではなかったのですが、嫌いな人との違いって何なんだろう、と考えたことがあります。 その答えは様々でしょうが、僕なりの答えとし…

その宛先じゃ郵便局でカードが受け取れないかも!?~本人限定郵便物の宛先記載の注意点~

こんにちは。 クレジットカードなどを作成する際に、完成したカードを郵送してもらうことがありますね。その際に、どんな形態で郵送してもらうかを気にしているでしょうか。 もしも郵送形態が本人限定郵便のときは、気を付けましょう。 ちなみに本人限定郵便…

「田園」しか知らない玉置浩二初心者には 「しあわせのランプ」をお勧めしたい

こんにちは。 今回は僕の好きなアーティスト玉置浩二(以下、敬称略)の作品の中で、特に好きな曲について紹介します。 玉置浩二といえば、山下達郎に「日本で最も過小評価されているアーティスト」と言わしめた男。今回の曲は、その玉置の作品の中で、僕が…

野球の応援歌に「お前」という言葉を使ってはいけないのか~二人称代名詞を国語的に考える~

こんにちは。 最近ツイッターを覗いてみるとこんな内容が。 中日ドラゴンズ応援団、「サウスポー」自粛へ 球団側「選手を“お前”と呼ぶべきではないとの意見があった」 https://t.co/WiCKDu2L6f — こくごな生活 (@pochikokugo) 2019年7月2日 つまり 選手を「…

国語学者斉藤孝先生の本から考えるブログ文章の表現方法~生きた語彙力はネット社会でこそ必要だ~

こんにちは。 僕は国語のことを取り扱うブログを書いていますので、国語教育系の本を読むことが多いのですが、そこで感じたのは、国語教育者の「国語」に対する考え方は本当に人それぞれということ。 中には、古典文学を重視して、現代人の言葉の乱れやら読…

ペットを「物」と表現するのはダメなこと?~法律用語を国語的に考察してみる~

こんにちは。 今回は法律学のことばについて書いてみます。 法律学のことばははっきり言って取っつきにくいです。いまでこそ(これでも)平易な言葉になってきましたが、専門用語がなくなることはありません。これは専門用語でなければ表せない概念があるか…