こくごな生活

国語や法律のソフトな考察を中心とした日常雑記録

最近読んだ本のこと

「胃弱メシ」を読んで 少食な人間が食事で気をつけるべきことを考えた

こんにちは。 このブログを継続的に読んで下さる(奇特な)読者様ならお分りでしょうが、僕は正真正銘の胃弱です。 bigwestern.hatenablog.com これは子供のころからずっと変わりません。 学校時代に一番嫌いな時間は給食。 今でもラーメンは塩とあっさり醤…

枕詞の意味を知ろうとする知的好奇心を持てば一般教養も上がるのだ~藤村由加「枕詞の暗号」読後~

こんにちは。 国語を教えるとき 「特に意味はないけど試験に出るから・・まあ覚えておきなさい」 みたいな説明をするのは苦痛です。 僕が生徒だったら 「自分が理解していないのに勉強しろって、意味わかんね」 となるはず。 そうならないように自分自身、で…

インフルエンサーを目指す人が気を付けたい デジタルタトゥーの怖さについて

こんにちは。 今回は法的考察としてデジタルタトゥーの話題について書きます。 結論からいうと、ネットで影響力を持つと、自分が思っているよりもずっと容易にネットトラブルの加害者になる危険があるぞ、というテーマです。 被害者ではなく加害者になる、と…

「私『は』皿を割りました」と「私『が』皿を割りました」の区別をスッキリ理解する方法

[こんにちは。 前回、国語の文法は、暗記が多くてつまらないと感じる人が多いという話をしました。 bigwestern.hatenablog.com この記事では、文法学習を弁護すべく、言葉を適切なパーツに分けて理解するために文法が役に立つ、と自説を述べました。 とはい…

余計な音を嫌う僕が、読書用BGMにどんな効能があるか試してみた

こんにちは。 みなさんは本を読むとき、何か音楽を流すことありますか? 僕は、余計な音が入ると本の世界に入っていけなくなるような気がするので、基本的にそんな習慣はありません。 その昔、古畑任三郎のテーマソングをききながら数学の難問を解こうとして…

神経胃弱症の視点から選ぶ夏目漱石のお勧め作品5つ

こんにちは。 前にも触れたことがあると思いますが、僕は胃弱です。 bigwestern.hatenablog.com そんな僕は、同じく神経胃弱症の大文豪である夏目漱石の作品を愛読していました。 僕が夏目漱石のファンになったのは比較的遅く、大学生のとき。当時、夏目漱石…

故郷としての多摩センターを思い 切なくなる本~重松清「トワイライト」読後雑感~

こんにちは。 今回は、こんな小説について書いてみます。 トワイライト (文春文庫) 作者: 重松清 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2005/12/06 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (79件) を見る 重松清の小説 トワイライト もう10年以…

イケダハヤト著「年収150万で僕らは自由に生きていく」から好きなことで生きていくことについて考える

こんにちは。 今回はこんな本を読んでみました。 年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書) 作者: イケダハヤト 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/11/22 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 537回 この商品を含むブログ (24件) を見る 年収15…

甘い香りの苦~い制度「ベーシックインカム」について貧乏教育関連業者が考えてみた

こんにちは。 今回は、最近読んだ本のテーマについてつらつら書いてみます。 「ベーシック・インカム入門」(著者:山森亮) ベーシック・インカム入門 (光文社新書) 作者: 山森亮 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2009/02/17 メディア: 新書 購入: 24人 ク…

ブラック校則について裁判例の考え方をヒントに考察してみる

こんにちは。 最近、Twitterなどを中心に「おかしな」校則について話題になることが多いです。いわゆるブラック校則の問題ですね。もちろんこういう校則については昔から話題になっているのですが、SNSの普及により全国の校則を知る機会が増えることで話題に…

国語の長文読解問題・作文演習は不要なのか?~水島醉氏の3つのルールと方法に思う~

こんにちは。 今回は長文読解問題演習のあり方についてのおはなしです。 以前僕は、読書をしたからといって必ずしも読解力がつくわけではない、むしろ長文読解問題の演習が有益という持論を展開しました。 bigwestern.hatenablog.com この件に関して、先日あ…

小賢しくまとめたものを披露する「嫌らしさ」について~遠藤彩見「給食のおにいさん」の読後~

こんにちは。 今日、自分のブログの過去記事をざっと読みかえしてみたんですが、つくづく 「自分って、近寄り難い人間だなあ」 と思ってしましました(苦笑)。 なんか、ネチネチしているというか、自分の世界に浸りすぎというか。 ただ、そんな僕でも、ちょ…

死刑廃止論者が大嫌いだった自分が 森達也の本に共感し始めている件

こんにちは。 以前の記事でちょっとだけ触れたことがありますが、僕は司法試験受験生でした。 こういうと人権派弁護士を目指すどちらかというとヒダリよりの思想を持った学生だったというイメージがあるかもしれませんが、事実は逆。少なくとも刑事事件につ…