こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

「ブログタイトルはやっぱり悪口が強いな」と感じた件

こんにちは。

 

ブログをやっている人は、SEO対策として注目される言葉を探す毎日を送っていると思います。ブログがオワコンと言いつつも、ツイッターなどで言葉を使っている以上、まだまだ言葉の「吸引力」みたいなものはこれからも求められるのかな、と思います。

 

そんな人の目を惹く言葉を作るために、巷ではいろいろなハウツーが出てます。

タイトルに数字を入れろだの、ターゲットを絞って語り掛けるような表現にしろだの。

しかし即効性を求めるのであれば、やはりこれにかなうものはありません。

 

f:id:bigwestern:20180823214131j:plain

悪口

 

僕はこのブログを含め2つの過疎ブログを運営しているんですが、やはり人の批判系は注目を集めやすいです。もちろんこういう記事はSEOには載りづらいですが、ツイッターなどのSNSでは、その効果をもろに感じています。

 

例えば僕のツイッターからの流入はこんな感じ。

f:id:bigwestern:20190702103757j:plain

上位2つの記事は比較的最近書いたものなので流入が多いのは当然なんですが、問題は赤枠で囲った記事です。

 

bigwestern.hatenablog.com

 

自分でいうのもなんですが、まったく面白くない記事です

ただ「給食のおにいさん」という小説を読んで、感想を述べただけ。

しかも結構前に書いたものなので、全く無視されてもいいはずのツイートです。

 

しかし現実には、一生懸命書いた記事を差し置いて、割と注目されてしまっています。

これはタイトルの魔力なんでしょうね。

「小賢しい」とか「嫌らし」いとかいう言葉を見て、おそらく僕が遠藤彩見さんをディスっていると思ったんでしょう。こういうのを見ると、つくづく悪口の持つ魔力を感じます。

 

悪口という点では、小田嶋隆さんというコラムニストがちょくちょくツイートしています。僕はこの人の言葉に対する考察がすごく好き(ただし政治的意見には必ずしも賛成ではない)なんですが、その考察の一つにこんなものがあります。

 

 

怒りや憎しみは対処しやすい感情で、表に出すと一種の快楽をもたらすので、ツイッターはその快楽をもたらすタンツボとして有用なツールということなんでしょうね。

ブログでも「炎上」「煽り」などはありますが、手軽につぶやけるツイッターは、さらにその手法が使いやすい。今回の僕の記事も「その手の」コンテンツだと思って、憎悪の矛先を探している人の目に留まったのかもしれません。

 

ちなみに「給食のおにいさん」に関する僕の記事は、読後に「小賢しくまとめた知識をひけらかす嫌らしいならないように気を付けよう」という自戒の気持ちを書いたものです。

 

一見、作者をディスっているように見えるけど、実は自分に対する戒めの言葉でした、というのは、ある意味「釣り記事」の手法になるのかもしれません(苦笑)。

 

以上、悪口の魅力についての軽い考察でした。

 

それでは、また。