こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

天才少年の革命的動画を見て 凡庸で保守的な大人が考えたこと

こんにちは。

 

今回は最近話題になっている少年革命家ゆたぼん君とやらについてぼやいてみます。

 

www.youtube.com

SNSを活用しているブロガーの皆さんなら、僕なんかより良くご存知ですよね。

「学校に行かなくてもいい生き方」をYouTubeで礼賛している不登校の小学生です。

えらく注目を集めている「自称」革命家で、あの茂木さんと対談するなどすっかり有名人っぽくなっています。

 

僕も彼の動画やそれに関連するコメントを見てみましたよ。

不登校の人間を、学校にいっていないというだけで叩くのだけはよそう」

と心に誓いながら。

僕も、世間の表面的な規範のみで人を裁くべきではないという気持ちは、ちょっとだけ持っているつもりでしたのでね。

 

・・それでもやっぱり一通り見終わった後、モヤモヤしてきました

その内容をちょっとだけ書いておきます。「こんな動画、相手にする方が野暮だ」というご意見もごもっともですが、これだけ社会的影響力を持つ言説(のようにみえるパフォーマンス)になってしまうと、多少感じるところもあります。せっかくブログの真似事なんぞをやっているので、この機会にちょっとぼやいてみました。

 

f:id:bigwestern:20181222122234p:plain

1 そもそもこのYouTube表現者は誰か

まず感じた違和感。

このゆたぼん君とやら、「宿題が嫌だから」という軽薄な理由で学校に行くのをやめた割には、「学校に行く人間はロボットだ」とか「不登校の子供に勇気を与えたい」など、妙に言ってることに「大げさな学校に対する恨み節」が見え隠れしてます。行動と主張が何となく噛みあっていないんですよね。自分の主張に行きつくまでのプロセスがよくわからないというか・・。

 

これは巷でも言われているように、この子の後ろで親が糸を引いているからでしょう。「学校に行くのが怠くなった子に、学校制度に否定的な親がけしかける」という構図で見ると、動画の表現も腑に落ちるんですよ。

SNS上では、ゆたぼんの父親が本人とつるんで講演会などの活動をしていることが分かります。上記の構図を裏付ける間接証拠ですね。

 

実際にこの父親は、学校というものに馴染めなかったらしく、現体制の学校制度をよく思っていないようです。

そんな大人が、自分で学校批判をしたら「負け犬の遠吠え」みたいで体裁が悪いし、第一社会的影響力がない。そこで、「子供の主張」というコンテンツを利用して間接的に自己表現をした・・。推測ではあるけれど、自然な流れではないでしょうかね。

 SNS上では「この子こそが父親のロボットだ」という趣旨のコメントがありますが、僕もそう思います。

 

ちなみに刑法学で間接正犯という概念があります。

人を道具として利用した場合、その道具として利用されたものが犯罪を犯しても、刑法上は利用した側の人間が正犯として処罰されるべきという考えです。今回もこの考えがヒントになりますね。

今回の場合、実際に表現しているのは小学生ですが、この子が規範意識もなく自分が何を主張しているかよく理解していない状態なのであれば、まさに『道具』となっているのであり、表現者として批判にさらされるべきは、やはり利用者の父親の方です。

 

つまり今回の問題の本質は、ゆたぼん自身の表現の内容ではなく、ゆたぼんを利用した表現方法にあるとおもっています。

 

2 彼(ら)のやってることは「天才が行う革命」なのか?

ゆたぼんが主張する内容は、子供らしい新鮮な切り口がほとんど感じられません。従前の陳腐な学校批判をインフルエンサーっぽい表現にしただけ。少なくとも僕は、あの子から「天才」といえるだけの独自の発想は発見できませんでした。しいて言えば全国配信の動画であれだけのパフォーマンスができる胆のつよさを感じたくらい。それを行動力として評価するのはまだしも、彼らに思想的な魅力は感じない。

 

所謂インフルエンサーというのは、往々にして対立概念を乱暴にデフォルメ化し攻撃対象にする手法をとりがちです。「学校に行く子はロボットだ」みたいに煽るシーンは、「会社で働く人間は社畜だ」といっているのと同じ。一部の人間は溜飲が下がるかもしれないけど、それ以上にはならない。

こういう手法で注目を集めたとしても、とっちらかった喧嘩のネタが増えるだけで、革命といえるほどの建設的なムーブメントにはならないと思うんですよね。これを機に、ゆたぼん君とやらが将来的に素晴らしい教育改革ができるような人間に成長してくれるならいいんですが、現時点でYouTubeでやってることだけでは、まだそんな気配は感じられません。

 

2 子供の意見の聴き方

そんなわけで煽りによる議論があまり好きではない僕ですが、今回はこれに「子供の主張」が絡むので余計に話がややこしくなります。

そもそも僕は、小学生程度の子供のいうことを議論の対象にして批判・賞賛することにあまり意味を感じません。なぜなら、まだその子自身の言葉が育っていないので、独立した思想として受け入れがたいからです。

 

ちなみに、現行の学校制度を堀江貴文なども批判していますが、僕は彼の主張だったら真剣に理解しようとします(ま、彼も煽るようなところがありますが・・)。

 

 なぜならこれは自分の言葉で作った意見だし、批判に対しても自分の言葉で応酬できるから。つまり議論の土台が盤石なんですよ。

言わずもがなですが、決して彼が社会的成功者だからとか高学歴だから、という理由ではありません。

 

しかし子供の場合にはそうはいきません。外野の大人が入り込むから

ちなみに、僕は子供のころから「子供の味方をする大人」が嫌いでした。

子供のいうことは、言葉が育っていないせいで断片的で「隙間」が沢山あります。その隙間に自分の思想を押し込んで「子供の主張」という箔をつけて権威化しているような気がして、その種の人間に嫌悪感があったのです。

 

むろん彼らの「子供を察してやりたい」という気持ちは、分からなくもないです。

しかしそういう優しさと議論は別問題。今回のようなケースでそのような「大人都合の主張の補完」をすると子供自身の主張から離れた空中戦が始まります。これをやると論点がとっちらかって生産的な議論にならないとおもうんですよ。

 

例えば、ゆたぼんの味方をする大人が「いじめや体罰にあって不登校にあった辛さ」なんかを持ちだしてくる。「学校に行くのが怠いと思っている子供」を利用して「(行きたいけど)学校に行けない子供」について論じ始めるんです。

これに対して、「いや、つらいことがあっても学校で我慢を覚えるべきだ」みたいなコメントも見受けられますが、これもゆたぼんに対する反論じゃないですよね。味方をした大人に対するものです。

 

このように、子供の主張について議論すると、子供という象徴・大義名分をもって、大の大人が自分都合の喧嘩を始める危険があるんです。こうなると肝心の子供の主張から離れて論点がずれまくっていきます。

僕がゆたぼん問題についてモヤモヤが残るのは、こういう論点の不明確さがあるからです。こういう泥沼の喧嘩を防止するためにも、やはり自分の言葉が育っていない人間の主張は論評の対象にはふさわしくないと思うのです。

 

3 僕はこの子をどう思っているか

子供に対して批判・賞賛をするべきではないとは言いましたが、一応最後にこの子に対する僕の感想めいたものを言わせてください。あの子に向けた説教というのではなく、あくまで個人のボヤキです。アカの他人の人生をどうこう言う資格はありませんものね。

 

結論からいうと、この子には学校に行ってほしい

「どうしても行きたくない」とか、「行きたくてもいけない」なら話は別だけど、「行くのが怠い」くらいに思っているなら考え直してほしい。学校を批判するのは構わないけど、実際に学校に行って学校のどこが問題なのか、自分の眼でもう少し見極めてほしい。

 

多数派が乗っているレールの上から少数派を非難する「気持ち悪さ」は、僕も少しは理解しているつもりです。

それでも(大した理由もなく)義務教育を自分から放棄する人間を見ると、僕は不安です。義務教育はアカの他人と共通認識を作りだす媒体のようなもの。そこにハナから立とうともしない人をみると「まともな意思疎通ができるのか?」と思ってしまう。これは僕だけではないんじゃないかな。

 

義務教育を受けようとする姿勢をみせるだけでも、人は一定の安心感を得るもんです。これを多数派の抑圧という人もいるのかもしれないけど、この安心感が潤滑油になっていることは僕も認めざるを得ない。そんな重要なツールになり得る義務教育を、僕は軽々しく「捨てていい」とはいえません。

 

もちろん常識は学校でなくても学べるともいえるでしょう。観念的にはね。

でも、学校制度を完全否定しているような子供に対して受け皿になる環境や指針となるライフモデルがあるのか?

年端もいかない子供をそんな世界に放り出して、既存の組織に頼らず自分の力で生きることこそ素晴らしいというのが、本当に自由といえるのか?

・・凡庸な僕には不安しかありません。安全弁がなさすぎるのです。こういう生き方を礼賛できるような「強い個」を持っている大人の考えを普遍化しすぎるのも危険だと思います。

 

好きなことをして成功している人間というのは、いろいろな経験をして社会の需要にこたえられる自分を作り上げているんです。様々な困難に対しても「自分は好きなことをしている」とポジティブに捉えているわけで、決して楽をしているわけではない。単に自分の趣味の世界に閉じこもっている人間とは違います。

 

YouTubeという好きなことを通じて、このゆたぼん君とやらが、そんな充実した人生を送れるなら僕は何も言うことはありません。将来、彼が大成して、僕がこんな記事で書いていることが、暗愚なおっさんの戯言になるなら、それはそれでいいのです。

 

しかし今の僕には、そんなサクセス・ストーリーを想像するのは難しいです。

とにかく、問題の所在の不明確さや少年の言動の不安定さなどで、モヤモヤした気持ちしかありません。

 

まあ・・道は違えど、しあわせになれるといいですね、お互いに・・。

 

それでは、また。