こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

僕のような過疎ブロガーがモチベを落としたときに人気ブログからもらうもの

こんにちは。

 

今回はブログに関することを少々書きます。

 

f:id:bigwestern:20180818150735j:plain

僕はこのブログの他にもブログを開設していて、どちらかというとそちらの方がメインブログなんです。

・メインブログはくだけた感じのネトゲブログ

・このサブブログは自分の日常ネタを交えた考察的なブログ

ということで、使い分けているんですね。

 

メインブログは、ゲームネタなので同じ趣味の人が集まりやすく、お陰様でそれなりに読んでくれる人が集まりました。一方、こういう雑記ブログは過疎化しやすいんですね。自分によっぽど魅力的なコンテンツがあるとか、まめにネット付き合いができる人とかでないと、読者様を集めるのは難しい。

 

おまけにこのブログは、あまり熱心に更新していないサブですので、「ある程度過疎るのは仕方がない」と割り切って書いています。基本的には「自分の思いの丈を綴らせてもらうだけで満足しようじゃないか」と思っているわけです。

とはいえ、一日のPVが一ケタの日が続いたりすると、やっぱり虚しい。

なんだかんだ言っても、僕にもささやかなブロガーとしての承認欲があるんです・・。

 

こんな虚しさが募ったとき、僕は自分の好きな人気ブログを訪問しています。

人気ブログは、人が集まる活気やブログを作る楽しさなどのプラスのオーラが満ち触れているので、見ていると勉強になるだけでなく気分転換にもなるんですよ。

有名どころだとイケハヤさんヒトデさんシロクマさんめんおうさんなどをよく拝見しますかね。イケハヤさんやヒトデさんからは文の勢いやテンポの良さ、シロクマさんやめんおうさんからは物事の切り口や論理展開の上手さなどを参考にしています。

 

ただ、こういう人気ブログの人気記事だけを見ていても、自分のブログと距離がありすぎてモチベーション維持にならないときがあります。

「こんなすごい記事書けるわけない」

みたいに思ってしまって、下手するとかえって嫌になっちゃうこともあるかもしれません(前の僕がそうでした)。

 

しかしこれは参考の仕方が悪い。

僕は、こういう僻んだ気持ちにならないように、有名ブログのアーカイブも参考にするようにしています

 

アーカイブをみてみると人気ブログの無名時代の記事を読むことができます。

そして、そのどのタイミングで人気になったのか(はてなの場合は、スターの増えた数などで推測できますね)、その軌跡を知ることができるんです。成功までのプロセスを実際に見ることができるというのは、他の分野ではなかなかできないこと。ブログの利点の一つといえましょう。

 

言い換えると、他のブログのアーカイブを見ることで、自分はその軌跡の中のどの位置にいるのかイメージが湧いてくるんです。そうすると自分がなぜ今の結果なのかが納得できます。

これは下手なブログのハウツー本より遥かに役に立ちますよ。

 

僕が過疎ブログでありつつも、いじけずに書いていられるのは、上記の方法で自分の立ち位置に納得しているからです。実はこれ、日常でも当てはまりますね。

普段人と接していると、気の合わない人と軋轢が生じたり自分より優秀な人に引け目を感じたり、とかくマイナスな感情が出てくることがあります。しかしそれは物を見る視点がまずい場合がほとんどです。自分が相手にどういうことをしているのかを客観的に顧みずに相手の言動のみを気にして人を恨んだり、優秀な人から学ぶべきものをすっ飛ばして「完成した部分」のみを見て羨ましがったり・・。

 

今回の話は、そんな視点を軌道修正することのささやかな例です。

視点がまずいと、同じものを見ていても効果が全く違います。どの視点で見るべきかは、望む効果が何かによって変わってきますので、その都度考えなくてはいけませんね。例えば、どんな記事が人気なのかを見たいなら人気記事を参照すればいいし、自分のブログの自己分析をしたいなら今回のようにアーカイブを見る、といった感じ。

漠然と人気ブログを羨ましがるだけでは得るものは少ないです。参照して自分が何を得たいのかを意識することが大事なのではないかと思っています。

 

・・ どうも僕の文章はこんなふうに説教口調になってしまいますね。

教育関連業者の悪いクセかも・・。

 

それでは、また。