こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

花粉症対策の有機栽培狭山茶 増岡園の「春風」を飲んでみた

こんにちは。

 

今回は日常ネタを一つ。

春真っただ中の今、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。かくいう僕も花粉症です。特に今年は喉のイガイガになやまされ、風邪の症状と勘ちがいすることもあります。

 

そんな折、実家から花粉症に効くというお茶をもらいました。

 

f:id:bigwestern:20190406165839j:plain

埼玉県入間市にあるお茶屋さん増岡園で製造している「春風」です。

増岡園は有機栽培の狭山茶を製造販売しているお店で、地元の人間なら知る人ぞ知るお茶屋さんです。中心部からかなり外れたところにありますが、有名人もお忍びで購入にやってくるとか。

 

実家でも普段使いのお茶を買いに、このお店をちょくちょく利用させてもらっていますが、ここのお茶は間違いなくおいしいです。自家農園で有機栽培しているところを実際に見ることができるので、消費者として安心なんです。

 

「春風」は、そんな増岡園さんが花粉症の人向けに開発した新商品です。

アレルギー反応を抑える緑茶成分であるメチル化カテキンを特に多く含む品種の茶葉を使い、有効成分を保つように細心の注意を払って製品化されたものだそうです(店の案内より)。

 

f:id:bigwestern:20190406165940j:plain

袋の中身はティーバック状になっている煎茶が15袋入っています。

メチル化カテキンは熱湯でよく抽出されるようなので、熱いお湯で頂きます。気温が上がる季節なら、抽出液をペットボトルに入れて冷やしていただくのもいいですね。

 

当日は気温が低めなので、熱いまま湯のみで頂きました。

 

f:id:bigwestern:20190406170022j:plain

仄かに黄色みがかった緑茶です。もちろん添加物は一切使っていません

一口飲んでみれば、まろやかでほんのり甘みがあります。緑茶特有の渋みは抑えられつつ味わいは深い。いくらで飲める感じです。これを飲んだらペットボトルのお茶を買う気がなくなってしまいます。

 

こんなおいしい緑茶が、花粉症に効果的というんですからありがたいですね。

メチル化カテキンは即効的に効果があるようですが、2時間ほどで代謝されますので、1日に数回こまめに飲むことを推奨されています。その点、「春風」はティーバックなので、どこでも利用できるのが便利です。実際に僕は、職場に持っていってこまめに飲んでいますよ。

 

アレルギー反応を抑える効果については、実感できているかビミョーです。

確かにのどの痛みが和らいでいる気がしますが、単に花粉のピークが過ぎただけかもしれないので・・(笑)。

 

しかし、今年は花粉症と併発することの多い風邪をひいていません。これは緑茶の抗菌作用により、アレルギー反応とともに風邪の菌を抑えてくれているからかもしれません。

 

有機栽培の美味しいお茶を飲みつつこのような効果を期待できるんですから、いいお茶を手に入れたな、と思いましたね。興味のある方は、増岡園のリンクを貼っておくので参考にしてみてください。

それでは、また。