こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

なぜ真面目な文章に若者言葉を使うのは不適切なのか? 外山滋比古先生が教えてくれた

こんにちは。

 

受験シーズンも終わりましたね。

僕は全国の中学生が書いた作文を添削する仕事をしているんですが、その仕事もようやく一区切り。すでに来年度に向けた作文採点も一部始まっているので気は抜けないんですが・・。

 

さて、そんな作文採点をしていると気になるのが、いわゆる若者言葉です。

「ハブる」?

「ブッチ」?

・・こんな言葉が突然作文用紙に登場すると、作文採点者は困惑するんですよ。僕はここ数年、講師業をやらなくなったせいで生徒と接触する機会が減り、若者の最前線の言葉についていけなくなってきてます。採点者はこういった言葉があるということを知っておかないと、単なる誤字なのか、はたまた不適切な表現なのかの区別がつかなくなるので、若者言葉辞典などで勉強することもあります。

 

こういう若者言葉が出てくると、「これは減点すべきか?」という点がよく話題になります。国語の教育者としてはあまりにもラフな表現は放置したくはないところですが、厳しく減点しすぎると平均点が下がりすぎてしまうので、バランスが難しいところです。僕の印象では、都市圏の学校では若者言葉に寛容で、地方では厳しめ、というかんじですが。

 

しかし、そもそもこのような若者言葉がなぜ減点対象なのでしょうか

「真面目な文章でそんなふざけた言葉を使うのはダメに決まってるだろう」

と思われるかもしれませんが、若者言葉だから乱れたものでけしからん、というのはよくよく考えると十分な論証になっていません。

もちろん人を傷つけるような言葉は論外。しかし新しい言葉というだけでなぜ真面目な文章で使えないのか?もうすこし説得力がある理由が欲しいところです。仮にも作文の減点事由ですからね。

 

そんな問題点について明快に答えてくれたのが、外山滋比古先生の本です。

 

 知的文章術

 

国語界では言わずと知れた大先生の御著です。

外山先生は本の中で、若者用語のような新しい言葉で文章を書くことを、「生木で家を建てるようなもの」と評しています。生木は時間が経つと歪んだり曲がったりするから、長い間利用する家には向かない、ということです。

 

これを僕なりに解釈すると、

・真面目な文章は家のようなもので「使い捨て」ではない

・つまり後々読まれることも想定しなくてはいけない

・したがって未来の人間が読んでも違和感のない表現でなくてはならない

ということではないでしょうか。

 

たとえば今どき「ナウい」なんて言葉を使ったら、古臭く感じますよね。

これは「ナウい」という言葉が生木であり、現代においては既に歪んでしまった言葉だからです。「こんな日持ちをしない言葉を真面目な文章で使うのは、折詰に刺身を入れるようなもんだ。」と考えれば、若者言葉が不適切であることのきれいな説明になります。

 

この説明のいいところは、「本来の美しい日本語を乱して怪しからん」といった保守的な上から目線ではない点です。もちろん僕も乱れた言葉がいいとは思いませんが、こういう説明をし過ぎると、言葉を教えている人間が権威主義的で嫌な奴に見えてしまう危険があります。それが理由で国語の世界に反感を持つ人が増えてしまっては、国語を教える者としては悲しいですからね。

 

その点、外山先生の説明は、そのような精神主義的なものではなく、簡潔で説得力があります。さすが国語界の巨匠ですね。敬服しました。

 

これで作文で若者言葉を発見した我々採点者も、納得して減点できるというものです(笑)。

 

それでは、また。