こくごな生活

国語講師だったひとのつぶやき集

僕らは「見破って」気づいてしまっても笑っていられるだろうか ~玉置浩二「ニセモノ」~

こんにちは。 今回は玉置浩二(敬称略、以下同じ)のマイナーな作品を紹介します。 ニセモノ アーティスト: 玉置 浩二 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc. 発売日: 2018/08/15 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る ニセモノ …

古文単語の覚え方~丸暗記しても役に立たない! 言葉の「根っこ」を掴むこと~

こんにちは。 今回は古典の話です。 国語を教えていると、古典が嫌いという人を多くみかけます。僕は高校時代から古典が嫌いではなかったのですが、嫌いな人との違いって何なんだろう、と考えたことがあります。 その答えは様々でしょうが、僕なりの答えとし…

国語を教える人間は「正しく美しい日本語を使う嫌な奴」にならないようにしたい

こんにちは。 国語の世界では「正しい日本語」とか「美しい日本語」とかを重要視することが多いです。国語を教えるときも、そんな日本語のすばらしさを伝えるために頑張っている教育者の方も多いと思います。 もちろん僕も国語を教えていた身ですので、その…

その宛先じゃ郵便局でカードが受け取れないかも!?~本人限定郵便物の宛先記載の注意点~

こんにちは。 クレジットカードなどを作成する際に、完成したカードを郵送してもらうことがありますね。その際に、どんな形態で郵送してもらうかを気にしているでしょうか。 もしも郵送形態が本人限定郵便のときは、気を付けましょう。 ちなみに本人限定郵便…

玉置浩二「しあわせのランプ」が過小評価され過ぎで遺憾に思う件

こんにちは。 今回は僕の好きなアーティスト玉置浩二(以下、敬称略)の作品の中で、特に好きな曲について紹介します。 玉置浩二といえば、山下達郎に「日本で最も過小評価されているアーティスト」と言わしめた男。今回の曲は、その玉置の作品の中で、僕が…

参院選の前に 1票の格差問題について裁判所の考えをサックリおさらいしてみる

こんにちは。 今回は法律ネタを少々。 この記事を書いている現在、まもなく参議院議員総選挙がはじまります。 このような国政選挙があると決まって話題になるのが、「一票の格差」。 選挙があるたびに、裁判沙汰になる問題ですね。 「これだけ問題になるくら…

野球の応援歌に「お前」という言葉を使ってはいけないのか~二人称代名詞を国語的に考える~

こんにちは。 最近ツイッターを覗いてみるとこんな内容が。 中日ドラゴンズ応援団、「サウスポー」自粛へ 球団側「選手を“お前”と呼ぶべきではないとの意見があった」 https://t.co/WiCKDu2L6f — こくごな生活 (@pochikokugo) 2019年7月2日 つまり 選手を「…

「ブログタイトルはやっぱり悪口が強いな」と感じた件

こんにちは。 ブログをやっている人は、SEO対策として注目される言葉を探す毎日を送っていると思います。ブログがオワコンと言いつつも、ツイッターなどで言葉を使っている以上、まだまだ言葉の「吸引力」みたいなものはこれからも求められるのかな、と思い…

斉藤孝先生の本からブログの表現方法を学ぶ~生きた語彙力はネット社会でこそ必要だ~

こんにちは。 僕は国語のことを取り扱うブログを書いていますので、国語教育系の本を読むことが多いのですが、そこで感じたのは、国語教育者の「国語」に対する考え方は本当に人それぞれということ。 中には、古典文学を重視して、現代人の言葉の乱れやら読…

ペットを傷つける行為を器物損壊罪ということに抵抗があるが 動物傷害罪もしっくりこない ~法律用語の国語的考察~

こんにちは。 今回は法律学のことばについて書いてみます。 法律学のことばははっきり言って取っつきにくいです。いまでこそ(これでも)平易な言葉になってきましたが、専門用語がなくなることはありません。これは専門用語でなければ表せない概念があるか…

日本最後のデパート遊園地 丸広川越店の屋上にいってきた

こんにちは。 今回は埼玉県が誇る観光地、川越のことについてです。 蔵造りの建物が立ち並ぶ情緒感たっぷりの街並み、名物のさつまいも菓子、などなど見どころが多いこの町は、SNSが普及してからというもの、週末を中心に人がごった返しています。 観光名所…

国語を教えている先生、読書するといい子になれますか

こんにちは。 今回は読書の効果について気になったことを書いてみます。 中学・高校などの作文や小論文などで「読書の効果」について問われることがよくあります。僕は添削者の立場として生徒の解答を見ることがあるんですが、そのときこんな考えをよく見か…

自分は明らかに世の中から必要とされていないという真実に「清く正しく美しく」抵抗する

こんにちは。 最近、ひきこもりとされる人にまつわる事件が話題になってますね。 川崎市の殺傷事件をはじめ、最近では元事務次官の父親がひきこもりの息子を殺すという事件も起こりました。 当然ですが、川崎市の事件の場合、犯人の凶行には同情の余地はあり…

故郷としての多摩センターを思い 切なくなる本~重松清「トワイライト」読後雑感~

こんにちは。 今回は、こんな小説について書いてみます。 トワイライト (文春文庫) 作者: 重松清 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2005/12/06 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (79件) を見る 重松清の小説 トワイライト もう10年以…

作文・小論などの論述問題で参考答案をどう利用すべきか

こんにちは。 今回は論述問題における参考答案について思ったことを書きます。 僕もブロガーっぽいことをやっていますので、訪問者の検索ワードをたまに調べてみることがあるんですが、そうすると「東京都立高校入試 作文 参考答案」みたいなワードがちょく…

訪問業者には気を付けよう~恥を忍んでヤクザ業者に夜中の1時まで居座られてしまった話をします~(その1)

こんにちは。 今回は1週間ほど前に悪徳業者に絡まれたお話です。 後味の悪い出来事なので、正直いうとブログなんかに書かずにこのまま忘れてしまおうとも思ったのですが、やはり僕にもブロガーっぽい心がどこかに残っているようです。とりあえず起こったこ…

天才少年の革命的動画を見て 凡庸で保守的な大人が考えたこと

こんにちは。 今回は最近話題になっている少年革命家ゆたぼん君とやらについてぼやいてみます。 www.youtube.com SNSを活用しているブロガーの皆さんなら、僕なんかより良くご存知ですよね。 「学校に行かなくてもいい生き方」をYouTubeで礼賛している不登校…

僕のような過疎ブロガーがモチベを落としたときに人気ブログからもらうもの

こんにちは。 今回はブログに関することを少々書きます。 僕はこのブログの他にもブログを開設していて、どちらかというとそちらの方がメインブログなんです。 ・メインブログはくだけた感じのネトゲブログ ・このサブブログは自分の日常ネタを交えた考察的…

まだ「ググれカス」なんていってるの?~もはや的確にググることはカスにはできない~

こんにちは。 今回は「ググれカス」ということばについて書きます。 一昔前に流行ったネットスラングですが、未だに根強く愛用者がいる言葉のようです。 情報取得が容易になった今日、ちょっと調べればわかることでも、いちいち他人をあてにするような者はう…

市販のカレーを食べると胃もたれをする胃弱なので自分でインドカレーを作ってみた

こんにちは。 今日はインドカレーについての話題を少々。 僕は、以前からインドカレーが好きで、新宿近辺の店の食べ歩きをしていたときがありました。しかし体を壊してからというもの、香辛料が強いものはよろしくないということで、すっかりそんなこともし…

人に力を与えるのはただ「前向き」な言葉だけではない~玉置浩二「メロディー」礼賛記~

こんにちは。 大型連休中ではありますが、平常勤務が続いております。 この日も仕事帰りの夜10時頃、草臥れて高田馬場の路地裏を歩いていると、30代くらいの男性がたった一人で(比較的大きな声で)鼻歌を歌っていました。 酔っているのか?と思ったが、そう…

なぜ僕は人にイラッとくるひとことを言ってしまうのか?

こんにちは。 さっきから編集画面を開いても真っ白なままで記事を書けない状態が続いてました。 時間が経ったら元に戻ったので作成を続行しましたけど・・何でこうなるんだろう? さて、今回は内省的なつぶやきみたいな内容。 僕は何気ない一言で、人をイラ…

自己中心的利他な生き方を完成させた玉置浩二~志田歩「玉置浩二☆幸せになるために生まれてきたんだから」の読後~

こんにちは。 今回は、私の好きなアーティスト玉置浩二(敬称略、以下同じ)についてです。 高い歌唱力と作曲能力から、数々のアーティストから「天才」と慕われており、いまや西本智実とともにオーケストラ編成のコンサートを行うなど、まさに日本を代表す…

勉強する気がおきないという「甘ったれた」相談をどう捉えるか考えてみた

こんにちは。 今回は、受験などの勉強に携わっている人間ならば、誰もが考えたことがあるであろうテーマについて書いてみます。 「勉強する気が出ないんですけど」 さて、この相談にどう答えるべきでしょうか。 僕が普段見ているYouTubeである鴨頭嘉人さんの…

SNS系苦手の僕が 今さらイケダハヤトさんの初期作を読んでみた~「年収150万で僕らは自由に生きていく」読後雑感~

こんにちは。 今回はこんな本を読んでみました。 年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書) 作者: イケダハヤト 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/11/22 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 537回 この商品を含むブログ (24件) を見る 年収15…

ツーブロック禁止の校則について その違法性を戯れに法的考察してみる

こんにちは。 先日、美容院に散髪に行ってきたんですが、担当の人と校則の話題になりました。 「ウチの子が通っている学校、校則でツーブロック禁止なんですよ~。何故なんでしょうね。」 ツーブロック?確かに最近の男子は襟足を短く刈り上げている子が多い…

生徒の白紙答案を目の前にして作文が書けないとはどういうことか考えてみた

こんにちは。 中学生の作文添削と日常的にやっていると、本当に様々な答案を目にします。 ・縦書きの作文用紙なのに横書きで書く答案 ・本文の政治思想に納得できなかったのか、「サヨクの文章に興味はありません!」とブチ切れたコメントを一言書いただけの…

花粉症対策の有機栽培狭山茶 増岡園の「春風」を飲んでみた

こんにちは。 今回は日常ネタを一つ。 春真っただ中の今、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。かくいう僕も花粉症です。特に今年は喉のイガイガになやまされ、風邪の症状と勘ちがいすることもあります。 そんな折、実家から花粉症に効くと…

わかりやすい文章の書き方を考える~一文が長いのは なぜいけないのか~

こんにちは。 今回はわかりやすい文章の書き方についてです。 「文章の書き方」というテーマを偉そうに書くと、自分の文章へのブーメランになる危険があるので気がひけます。しかしこういう記事は自分への戒めにもなるので、あえてここで記しておきましょう…

なぜ真面目な文章に若者言葉を使うのは不適切なのか? 外山滋比古先生が教えてくれた

こんにちは。 受験シーズンも終わりましたね。 僕は全国の中学生が書いた作文を添削する仕事をしているんですが、その仕事もようやく一区切り。すでに来年度に向けた作文採点も一部始まっているので気は抜けないんですが・・。 さて、そんな作文採点をしてい…